松山市で注文住宅を建てたい方必見!口コミや評判の高い工務店・ハウスメーカーをランキングでご紹介!

注文住宅を建てる前に知っておきたい「長期優良住宅」の基準とメリット

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/25

マイホームを建てる場合、長く安心して住める住まいにしたい、快適に暮らしていける住まいにしたいと考えていると思います。長く安心して暮らせる快適な住まいの条件を満たしていると言えるのが「長期優良住宅」です。ここでは「長期優良住宅」として認められる基準や「長期優良住宅」のメリット・デメリットについてまとめてみました。

長期優良住宅とは

長期優良住宅は、長期にわたって良い状態で住むことができるように構造や設備が整っている住まいのことを指します。認定を受けるためには計画書を作成して所管の行政庁に申請しなければいけません。基準に適合する住まいは「長期優良住宅」として認定されます。

申請は、着工前でなければ受けることができません。長期優良住宅を建築している実績がある会社の場合、申請の手続きも代行してもらえる可能性があります。初めての手続きは、書類など分からないことも出てきますので、代行してもらうとスムーズでしょう。ただし、代行をお願いする場合は、手数料が発生してしまうので料金を確認しておきましょう。

長期優良住宅のメリット・デメリット

長期優良住宅のメリットとデメリットをまとめておきます。

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅のメリットは、安心して長く住める家と認定されているということ以外に、税金面でのメリットがあります。長期優良住宅の認定には費用がかかるものの、長期的に見ると、節税効果があるので、メリットが大きいと言えるでしょう。例えば、所得税の住宅ローン控除や、固定資産税の軽減などがあります。税金の軽減については、住宅を購入した時期や、注文住宅に住み始めた時期によって違いがありますので、国税庁のホームページで詳細を確認するようにしてください。

長期優良住宅のデメリット

長期優良住宅のデメリットは、完成までに時間がかかってしまうことや、コストがかかることなどが挙げられます。余裕を持った計画、しっかり予算を考えて建てるようにしなければいけません。建ててからも維持保全計画により、定期点検をしっかりと行っていかなければならないため、家を維持していくためにかかるコストも高くなってしまいがちです。長期優良住宅として認定してもらうためにも、申請費用がかかります。

長期優良住宅の認定基準の項目とは

長期優良住宅の認定基準には、どのような内容が含まれているのでしょうか。項目についてまとめてみました。

■劣化対策
数世代にわたって、住宅の構造を支える骨組みとなる部分が使用可能である
こと。内装や外壁は劣化しやすい部分なので、途中でリフォームや修繕などが行われますが、鉄筋コンクリート、木造など建物の構造部分は、耐久性が高くなければ認定されません。

■耐震性
地震発生の際に、建物の損傷レベルが低くなければいけません。構造部分はほぼ影響がなく、少し補修すれば暮らせる程度でなければ認定されません。

■維持管理・更新の容易性
ライフスタイルの変化とともにリフォーム工事が必要となる場合があるでしょう。より住みやすい住まいにするために、リフォームがしやすい、補修工事が行いやすいという部分がチェックされます。

■省エネルギー性
断熱性や気密性などの省エネに配慮した建物であることを確認します。

■高齢者等対策
バリアフリーに改修工事に対応可能なスペースが確保されていなければいけません。

■住戸面積
延床面積75平米以上で、少なくとも一の階の床面積が40平米以上(階段部分除く)であることが認定基準となります。

■居住環境への配慮
良好な景観の形成や、地域の居住環境を維持、向上させるための配慮がなされていなければいけません。

■維持保全計画
将来を見据えた定期的な点検や補修の計画が立てられている
こと。計画の内容には、点検の項目や時期が記載されていて、結果に応じて補修を行うことなどが記載されていなければならない。

このように見ていくと、とても沢山の基準があるので、すべて満たす注文住宅を建てようとすると、費用がかかってしまうのではないかと不安もあるでしょう。長期優良住宅は、安心して住める基準とされていますが、長期優良住宅に認定されていない家が危険というわけではありませんので、その点は勘違いしないようにしましょう。

各メーカーでは、住宅の安全性や、バリアフリー、メンテナンスなどについて配慮しながら住まいを建てていますので、品質の高い住まいは、長期優良住宅にしなくても選ぶことは可能です。どうしても予算的に厳しいという場合は、無理にこだわり過ぎる必要はないでしょう。

 

長期優良住宅は、税制優遇というメリットよりも、50年経過しても安心して生活できる住まいであることのほうが大きいのではないでしょうか。これからずっと暮らしていく家なのですから、安心・安全は譲れない点でしょう。松山市でも、長期優良住宅に対応可能なハウスメーカーは沢山ありますので、まずは相談してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【松山市】おすすめの注文住宅ランキングはこちら

商品画像1
2
3
4
5
会社名みのりホーム(無添加住宅)新日本建設コラボハウスアレスホームアットハウジング
特徴本物の自然素材にこだわった家づくりをしている
品質の高い漆喰を使用
愛媛県産材100%の住宅を提供さまざまな知識や技術を持った専門家たちが協力しながら家づくりを行う年間100棟以上の施工実績を持つ4,000棟以上の施工実績がある
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく