松山市で注文住宅を建てたい方必見!口コミや評判の高い工務店・ハウスメーカーをランキングでご紹介!

注文住宅で起きがちなトラブルとは?防止策をあらかじめ覚えておこう!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/10/14


自分の希望通りの家が実現できる注文住宅。夢のマイホームに満足する方がいる一方で、トラブルを経験した方もいます。そこでこの記事では、注文住宅で起きがちなトラブルと防止策についてご紹介します。これから注文住宅を建てようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

注文住宅で起きがちなトラブルとは?

せっかくのマイホームなので、打合せから引き渡しまでスムーズに進むのがベストですよね。しかし、残念ながらトラブルが起こってしまうこともあります。どのようなことがトラブルの原因になるのか確認しておきましょう。

工期が遅れる

注文住宅の工期は、4か月ほど掛かるのが一般的です。しかし、天候の悪化や、工事中の予期せぬトラブルで工期が伸びてしまうケースもあります。たとえば、資材の発注ミスや、工事を担当する職人さんが手配できないなど、その理由はさまざまです。工期が遅れてしまえば、当然引き渡しの日にもズレが生じます。引き渡しの日を考慮して、引っ越しの日程などを決めていた場合は、変更の手続きの手間もかかります。工期に不安を感じたら、小まめに担当者に確認をとっておくことが大切です。

仕上がりがイメージと違った

担当者との打ち合わせで、しっかりと要望を伝えたつもりでも、うまく伝わっていないこともあります。うまく伝わらなかったことが原因で、でき上がりがイメージと違うという事態がおこってしまいます。しっかりとした業者ならば、担当者も図面で説明してくれるはずですが、図面のみで理解するのは難しいでしょう。理解できていないまま、担当者に任せてしまうことも、イメージの相違の原因につながるのです。

お金のトラブル

注文住宅では、追加工事を提案されることもあります。追加工事を行うことで、よりよい家になるのならば、と了承する場合もあるでしょう。追加工事を提案された際には、内容や金額をしっかりと確認するのが重要です。また、見積りを出してもらい、追加工事が必要な理由をしっかりと説明をしてもらうとよいでしょう。

注文住宅のトラブルを防ぐ方法

注文住宅に関するトラブルのすべてが、業者や担当者の責任というわけではありません。トラブルを未然に防ぐには、自分でも確認し、気を配っておくべき点があります。

業者や担当者とコミュニケーションをとっておく

「イメージしていた家と違った」というトラブルに関しては、業者や担当者とコミュニケーション不足が原因である場合も。日頃から担当者とコミュニケーションをとっておくことでトラブルを避けられます。担当者との打ち合わせは時間もかかるし、大変です。しかし、打合せの段階で、納得できるまで話し合いをしておきましょう。図面や言葉だけでなく、写真などを使用するのもよいでしょう。また、その他に納期など不安に感じることがあれば、その都度連絡をとるように心掛けましょう。

内覧時にチェックする

注文住宅の引き渡し前には、「内覧会」が行われます。内覧会とは、竣工検査や完成検査ともよばれ、完成した家に問題がないかチェックする場です。引き渡し後に問題に気付くよりも、引き渡し前の方が、スムーズに問題が解決できるでしょう。内覧会の時には、家の隅々までチェックして、できれば写真などで記録するのがおすすめです。

お金に関することはしっかりと確認する

お金に関することは、より慎重に話を進めなければなりません。たとえば、お金に余裕があっても、家の支払いを一括で支払うことはおすすめしません。お金を支払った後に建築会社が倒産してしまう可能性もゼロではありません。業者が倒産してしまったら、支払ったお金が戻ってくる可能性は低いでしょう。その都度必要なお金のみを支払うようにしましょう。

万が一、トラブルが起きた際の対処法をあらかじめ知っておこう!

トラブルが起こらないように注意をしていても、トラブルが起きてしまうこともあるでしょう。ここからは、万が一、トラブルが起きた際の対象法について確認しましょう。

瑕疵担保責任について知っておく

住宅に不具合があった場合は、瑕疵担保責任が適用されるかもしれません。瑕疵担保責任とは、新築住宅や注文住宅の引き渡し後に、建物の品質が契約内容と異なる場合、業者などが保証する責任のことを指します。住宅の基礎や柱、屋根や窓などは、引き渡し後10年間瑕疵担保責任が定められています。住宅に不具合をみつけたら、まず瑕疵担保責任にあたるケースなのか、確認してみましょう。

国民生活センターや法テラスに相談する

トラブルを自分では解決できない場合は、公共の機関に相談してみましょう。国民生活センターは消費に関する相談窓口です。住宅関係のトラブルにも対応しています。

「188(局番なし)」に電話すると住んでいる地域の消費者相談窓口を案内してくれるので、気軽に相談してみましょう。法テラスは法律に関するトラブルに対応しています。弁護士に相談したいけれど、どのように相談したらよいかわからない場合は、法テラスを活用しましょう。こちらも無料で相談可能ですので、ひとりで悩まずに相談してみましょう。

 

注文住宅を建てる際には、トラブルは避けたいもの。トラブルを避けるためには、気をつけるべきポイントを知っておくとよいでしょう。また、もしもトラブルが起こってしまったら、国民生活センターなどに相談することも検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【松山市】おすすめの注文住宅ランキングはこちら

商品画像1
2
3
4
5
会社名みのりホーム(無添加住宅)新日本建設コラボハウスアレスホームアットハウジング
特徴本物の自然素材にこだわった家づくりをしている
品質の高い漆喰を使用
愛媛県産材100%の住宅を提供さまざまな知識や技術を持った専門家たちが協力しながら家づくりを行う年間100棟以上の施工実績を持つ4,000棟以上の施工実績がある
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく